金本監督、中谷について「あんなおいしいところでストレート3つ仕留められないところでね…。おいしいところで。目の前のごちそうを自ら床に落とすようなものだから」

(セ・リーグ、DeNA4-4阪神=延長十二回規定により引き分け、23回戦、阪神13勝9敗1分、27日、横浜)鯛の尾頭付きが運ばれてきたようなものだった。4-4の九回一死満塁。打てばヒーロー。外野フライでも併殺崩れもOKだったが中谷は…。

「頑張っていくしかないです」

マウンド上の山崎康は表情こそ崩してなかったが焦っていたはずだ。糸井に適時打を許し、1点リードを失ったのだから。しかも変化球が思ったように決まらない…。

初球の直球。見逃しストライク。2球目も直球。空振り。そして、右腕が首を振りまくって選んだのは、やはり直球だったが、いわゆる“着払い”の空振り三振…。

金本監督は、勝ちに等しいドローだったからこそ苦笑いで振り返ることができた。

「大チャンスだからなぁ。そこがやっぱ…苦言ではないけれど、あんなおいしいところでストレート3つ仕留められないところでね…。おいしいところで。目の前のごちそうを自ら床に落とすようなものだから」

今季チームトップの20本塁打。この日も2点を追う六回一死一塁で左中間への適時二塁打を放った。よく頑張っている、と誰もが認めるが、「おいしい」場面で当然のように打つことこそ、主軸を張れる条件でもある。

中谷だけじゃない。五回無死一、二塁で梅野がスリーバント失敗。六回一死一、三塁では大和が空振り三振。七回無死一塁でも上本が犠打失敗。鳥谷も九回、十一回の二死満塁で一本を出せず、残塁は「14」を数えた。

「一時の悪い状況を抜けたような感じがしますし、きょうぐらいの気持ちを選手が出してくれたら絶対勝てる。残塁が多くて、ちょっともう残念なこともあるんだけど、きょうは選手を褒めたいです。絶対次に生かしてやってほしい」と虎将。打線に復調の兆しが見えてきた今だからこそ、襟を正したい。 (阿部祐亮)

http://www.sanspo.com/baseball/news/20170928/tig17092805010010-n1.html