阪神・秋山「修正することができず、ピンチで粘りきることができませんでした。先発投手としての責任を果たすことができなくて、申し訳ないです」

(セ・リーグ、DeNA4-4阪神=延長十二回規定により引き分け、23回戦、阪神13勝9敗1分、27日、横浜)先発・秋山は精彩を欠いた。一回二死二塁でロペスに先制2ランを許し、二回には二死二、三塁から桑原に中前にはじき返される2点打を浴びた。4回7安打4失点。「修正することができず、ピンチで粘りきることができませんでした。先発投手としての責任を果たすことができなくて、申し訳ないです」。これで4試合連続で勝ち星から見放されている。踏ん張りどころだ。

阪神・香田投手コーチ「秋山は球が高かった。それを1球で仕留める相手打者が良かったとも言えるけれど。でも(救援陣は)みんなよく頑張ってくれた」

http://www.sanspo.com/baseball/news/20170928/tig17092805000013-n1.html