阪神・掛布2軍監督がラスト鳴尾浜 異例の大入り、入場規制も デイリースポーツ

「ウエスタン、阪神-広島」(26日、鳴尾浜球場)

阪神・掛布雅之2軍監督(62)の鳴尾浜でのラスト采配が行われるとあって、球場は異例の超満員となった。午前10時40分に入場規制がかかり、入り口には現在も、入場待ちの長い列ができている。

試合前、「ここが僕らのホームだから」と2年間戦った球場への思いを口にしていた掛布2軍監督。その背番号31の雄姿をひと目見ようと、収容人数500人をはるかに超えるファンが集まった。