阪神の中堅2人が奮闘!伊藤隼が代打タイムリー、俊介は10度目マルチ サンケイスポーツ

(セ・リーグ、ヤクルト1-8阪神、25回戦、阪神18勝7敗、23日、神宮)伊藤隼が打線を勢いづかせた。

6-1とした七回一死一、二塁で代打で登場し、右中間へ適時二塁打。7点目を奪い、今季の代打成績も打率・279(61打数17安打)、8打点とした。なお二、三塁で俊介も左前適時打。六回にも中前打を放っており、今季10度目のマルチ安打をマーク。中堅2人の奮闘が光った。