マテオか桑原か?阪神勢の救援タイトル獲得が確定 日刊スポーツ

<広島5-7阪神>◇21日◇マツダスタジアム

阪神マルコス・マテオ投手(33)が阪神勢の救援タイトル獲得を確定させた。

2点リードに転じた8回に登板し、切れ味鋭いスライダーなどを生かして丸や松山を連続三振に抑えるなど3者凡退。「残り試合は少ない。みんな疲れもあると思うが、今のように続けていきたい」。今季42ホールドポイントを積み重ね、他球団のライバルが並ぶ可能性が消滅。1差で追う同僚の桑原謙太朗投手(31)との一騎打ちが決定的になった。「ともに阪神の人間。チームにとっていいことだよ。どちらがとっても、チームにとってプラス。意識せずにやっているよ」。阪神勢の最優秀中継ぎ投手は藤川(05、06年)久保田(07、08年)福原(14、15年)の3人。マテオ、桑原ともに初受賞を目指す。