阪神・香田投手コーチ「(能見は)立ち上がり。制球が少し甘くなったところを打たれた。勝負所での制球、それが本塁打になってしまう。これが安打だとまた違ってくる」

(セ・リーグ、広島5-7阪神、25回戦、広島14勝10敗1分、21日、マツダ)先発した能見は一回につかまった。2安打で一死一、二塁とされると松山に14号3ラン。直後の新井にはストレートの四球を与えると、バティスタに11号2ランを浴び、5点を失った。「いきなりとられたらね。申し訳ない」と猛省。二-四回は無失点と修正したが、これでチームは13試合連続、先発投手に白星なしとなった。

阪神・香田投手コーチ 「(能見は)立ち上がり。制球が少し甘くなったところを打たれた。勝負所での制球、それが本塁打になってしまう。これが安打だとまた違ってくる。みんなが逆転してくれて、リリーフがよく粘ってくれた」

http://www.sanspo.com/baseball/news/20170922/tig17092205010013-n1.html