阪神・大山、フェンス激突も恐れぬ美技「捕るか捕らないかでいえば、捕った方がいい。ただタッチアップされたので、そこがダメです」

(セ・リーグ、阪神0-2巨人、23回戦、巨人13勝8敗2分、20日、甲子園)大山がフェンス激突も恐れぬ美技で魅せた。0-2の二回無死一、三塁の一塁守備。小林の一塁ファウルグラウンドへの小飛球に猛然と背走し、人工芝にダイブ。最後はカメラマン席ギリギリまで倒れ込んでキャッチした。秋山の苦しい立ち上がりを救うビッグプレーだったが「捕るか捕らないかでいえば、捕った方がいい。ただタッチアップされたので、そこがダメです」と一塁走者の二進を許したことを反省していた。