金本流でもうひと皮…阪神オフの補強はやっぱりFA中田翔 日刊ゲンダイDIGITAL

18日、広島の緒方監督が宙に舞う姿を目の当たりにした金本監督の胸中は、さぞかし複雑だったに違いない。

田中、菊池、丸……生え抜きの若手たちが打って走って得点を重ね、リーグ2連覇。ドラフトと育成を重視する古巣のチームづくりは、金本監督が理想とするところでもあるからだ。

くしくも同日は7年目の中谷将大(24)が自身初の20本塁打をマークした。金本監督がこの中谷を含めた若手にキャンプから猛練習やウエートトレーニングを課した成果には違いない。

■「エースと4番は育てるものではない」

その金本監督は中谷に関して「取り組む姿勢を変えれば、もっとやれるはず。そこは彼次第」と言った。中谷自身が意識を変えれば、いま以上の打者に成長するということだろうが、だからといって中谷以下、阪神の若手が意識改革や猛練習によって、ケガで離脱中の広島・鈴木誠也(23)のような三拍子そろった4番打者に育つかといえば疑問と言わざるを得ない。

かつて阪神の指揮を執った野村克也氏は、「エースと4番は育てるものではない」と言った。投打の柱になるような選手は育てようと思ってできるものではない。チームにいなければドラフトやFA、外国人に頼るしかないとオーナーに補強を懇願した。つまり意識改革や猛練習によって、ある程度のレベルには達しても、エースや4番クラスは本人の先天的な能力が重要になるということだ。

そこで今季、国内FA権を取得した日本ハムの中田翔(28)だ。

昨年まで3年連続100打点をマーク。2014年と昨年は打点王を獲得したリーグを代表する長距離打者で、侍ジャパンの中軸を務めている。一時はFA権を行使しての阪神入りが確実視されたものの、今月に入って一部スポーツ紙が、阪神の球団首脳が中田争奪戦に加わらないと明言したと報じた。

中田獲得は生え抜きの若手育成を重視、中谷やルーキーの大山(22)に中軸の経験を積ませている金本監督の方針に逆行するというのが記事の根拠になっている。

今季の中田は19日現在、2割6厘、16本塁打、64打点。打率はパの規定打席に達している打者の中で最下位という成績不振も「不要論」を後押ししているのだろうが、中谷や大山が力を付けてきたのは事実でも「エースと4番打者」クラスの選手は育ててどうにかなるものではない。

「金本監督は広島の胴上げを目前にして、改めて猛練習や意識改革の限界、素質の重要性を痛感したのではないか」と、さる球界関係者がこう言った。

「顕著な例が12年のドラフトですよ。この年は甲子園で4本塁打した光星学院の北條が高校生遊撃手の目玉として注目された。阪神が2位で獲得した北條に広島や日本ハムも注目したが、広島は足と体のバネ、日本ハムは肩を問題視して指名を見送った。金本監督主導で指名した2年目の高山やルーキーの大山はともかく、阪神には他球団が問題視した傷を抱える選手が多いですからね」

■金本阪神でひと皮むける可能性も

そこへいくと中田が長距離打者としての素質やポテンシャルを備えているのはだれもが認めるところ。さる担当記者がこう言った。

「日本ハムは選手の自主性を重んじる球団。猛練習を強制することはあり得ないし、自主的に目の色を変えなければ置いていかれるだけ。中田に厳しく接するコーチも中にはいたが、彼に代わる4番がいなかったのが不幸と言えば不幸だった。いきおい、中田を甘やかし、気分良く働かせるしかなくなった。目の色を変える時期はあっても、あくまでも一過性で長続きしない。まだ28歳。金本監督のもとでビシビシしごかれたら、もうひと皮むけると思いますよ」

金本監督は完成された選手を他球団から取ってくるのをよしとしないらしいが、中田にはまだまだノビシロがあるというのだ。

「金本監督は衰えの見える福留(40)と鳥谷(36)を控え、あるいは代打で起用するプランがある。外野は糸井、高山、中谷が守り、一塁の大山は三塁に回す。中田を獲得した場合は一塁を守らせることが濃厚です。中谷が来年、(鈴木)誠也クラスに化けるとは思えないし、高山や大山はまだまだ時間がかかる。来季は誠也も戻ってくるし、金本監督も育成だけではとてもじゃないが広島との差は埋まらないと痛感したと思いますね」とは阪神OB。

金本監督は本拠地で広島に敗れて胴上げを許した直後、「彼ら(阪神の若手たち)がどう感じているか。何かを感じて欲しいというのはありますね」とも話したが、だれより広島との差を感じたのは金本監督自身というのだ。