阪神・糸井「ジャンヌ・ダルク」「ジャンヌ・ダルク」「ジャンヌ・ダルク」

虎を導くヒーロー宣言!? 阪神・糸井嘉男外野手(36)が19日、20日の巨人戦(甲子園)に備えて、本拠地で全体練習に参加。前日に広島に敗れ、優勝が消滅してから一夜。再スタートの日に「ジャンヌ・ダルク」と3度、連呼した。2位確保、CS(クライマックスシリーズ)突破、そして日本一へ。言葉の真意は明かさなかったが、歴史的人物と同様、先頭に立って戦う覚悟…と言いたいはずだ!

--まだ室内の方で練習がありますんで…

ベンチ裏から選手ロッカーへ通じる通路。スタッフが、待ち構える報道陣にやんわり“取材自粛”を伝えた直後だった。

「ジャンヌ・ダルク」

謎の言葉が聞こえてきた。声の主は間違いなく糸井。予期せぬ仰天フレーズに呆然とする記者など眼中にないかのように再び…

「ジャンヌ・ダルク」

さらに歩を進めて、ダメ押しのもうひと声…

「ジャンヌ・ダルク」

歴史上のあの超有名人のことなのか。3度、繰り返し、その後、糸井は報道陣の前に戻ってくることはなかった。

どういう意味?

そりゃ、誰もが思う。でも、こんなの本人しか分かるはずがない。不思議な世界に棲む男だ。突然、「バウバウ」と叫んだかと思えば、「賄賂」と言いながら5000円札を出して記者の質問を封じようとする。糸井ワールドは誰も説明などできないのだから。

再スタートの日だった。練習前には甲子園の外野で円陣が。金本監督の檄に、背番号7も耳を傾けていた。

前日の広島戦。一塁ベンチに座り、腕組みしながら胴上げを目に焼き付けると「リベンジしかない? そうですね」とつぶやいた。優勝を逃した悔しさはある。が、日本一の可能性はまだ残っている。虎の超人も思いを新たにしたはず。切り替えるしかない、と。

いきなりロングティーを志願。不振から脱出する時も、好調を維持する時も、一番頼りにしてきた練習方法で、ターゲットをCSに定めたのだろう。打ちまくって、俺が引っ張る-。今は劣勢だが、必ず逆転する-。そんな思いを込めて。

「引っ張る」

「逆転する」

2つのフレーズと、冒頭の糸井の言葉。世界史にあまり詳しくないあなたでも、思い出しませんか? フランスが生んだ、あの世界的ヒロインの実話を。

英国との「100年戦争」で劣勢の母国フランスを救うため、軍旗を手に先頭に立って引っ張ったジャンヌ・ダルクの勇姿。そして、敵を打ち破った、あの歴史上の大逆転劇。ひょっとしたら、糸井は神のお告げ、ならぬ“FAのお告げ”でタテジマにやってきた、現代の奇跡のヒーローかもしれない。

そう思って糸井のジャンヌ・ダルク宣言を聞くと、CSを勝ち抜いて、日本一になる猛虎の姿まで、見え隠れする。

「右脇腹の筋挫傷」から1軍戦線に戻ったのが8月17日。スタメン復帰した翌18日から25試合連続出塁中で、連続安打も12試合続いている。9月は打率・379。まさしく虎を引っ張るヒーローだ。強敵カープを倒す。奇跡の逆転日本一ロードの扉が今、糸井によって開かれる!?