若虎台頭も…金本監督“広島流チーム作り”ができない根拠 日刊ゲンダイDIGITAL

阪神・金本監督の理想とするチームは、いまの広島だという。

広島に田中、菊池、丸、鈴木……走攻守3拍子そろった生え抜きの野手がごまんといるのは「ドラフトと育成」が機能しているからだ。

金本監督が就任して2年目。若手にウエートトレや猛練習を課して、徐々にだがチームは変わりつつある。

その代表が18日に自身初の20号本塁打を放った7年目の中谷将大(24)だろう。金本監督は中谷に関して「取り組む姿勢を変えれば、もっとやれるはず。そこは彼次第」と言ったが、それなら中谷は今後30本、40本と打てる選手になるか。阪神から菊池や鈴木みたいな選手が出てくるようになるのか。

「難しいでしょう」と球界関係者がこう続ける。

「鍛え方次第で、選手はある程度、持てる力を発揮できるようにはなる。けれども、金本監督が言うように最終的には本人の意思次第。やらされているのではなく、本人がその気にならないと壁は破れませんよ。そこへいくと阪神には、芽を出しかけた若手が育ちづらい土壌がある。すぐにタニマチやひいき筋がチヤホヤするし、球団の周辺にも選手を甘やかすのがいますから」

入ってくる選手の質自体を疑問視しているのは、別の球界関係者だ。

「阪神はベースの手前でワンバウンドする変化球に手を出したり、肩が弱かったりする野手を平気でドラフト指名する。性格に問題を抱えた選手はもちろん、こういった“傷”は練習やトレーニングではどうにもならないケースが多いのです。一昨年から金本監督がドラフトの最終決断をしているそうですけど、監督ひとりでドラフト候補の傷を把握するのは限界があります」

育成に加えて、スカウティングにも問題があっては、いくら金本監督が目の色を変えても、広島のようなチームづくりはできそうもない。