掛布2軍監督退任も「3軍構想」への情熱衰えず 日刊スポーツ

16、17日に阪神の2軍は鳴尾浜で巨人3軍と練習試合を予定していたが、台風18号の影響でいずれも中止に。今季限りで退任することになった掛布2軍監督にとって最後の巨人戦でもあった。「川相が(巨人3軍の)監督をしているのもあるけど、3軍というものに興味があるよね。今日は残念だな」。伝統の一戦というより、特殊な育成システムを保持する巨人と試合ができなかったことを残念がった。

3軍に興味がある-。16年に2軍監督に就任すると球団幹部らと3軍構想について議論していた。先に3軍制を導入した巨人堤GM(当時)から意見を求めたこともあった。ミスタータイガースは盤石な育成基盤を持つ阪神を作り上げようと力を注いだ。それは退任が決まってもなおだ。就任中にかなわぬ話となったが、一野球人としての情熱が垣間見えた。【山川智之】