阪神・藤浪、安藤について「ロッカーが近くて、入団して右も左もわからないときにいろいろ教えてもらいました。子供のときからテレビで見ていた方。一緒にプレーできなくなることが本当に寂しい」

鳴尾浜で2軍全体練習に参加した阪神・藤浪が15日、安藤に惜別の思いを語った。「ロッカーが近くて、入団して右も左もわからないときにいろいろ教えてもらいました。子供のときからテレビで見ていた方。一緒にプレーできなくなることが本当に寂しい」。昨年は福原(現育成コーチ)が引退するなど、入団当初の先輩が次々に引退。「そういった人たちに少しでもいい姿を見せたいです」と復活を誓った。

http://www.sanspo.com/baseball/news/20170916/tig17091605010007-n1.html