阪神・岩田「悪い流れを止めることができずに、高くなってしまったボールを打たれてしまいました。序盤で大きくリードを許してしまい、ゲームを作ることができませんでした」

(セ・リーグ、阪神2-7巨人、21回戦、巨人12勝8敗1分、13日、甲子園)今季巨人戦初先発の岩田は3回を8安打6失点。巨人戦7連敗となった。一回こそ無失点も、二回に捕まった。小林の左前適時打を皮切りに、味方の失策も絡み3点を失うと、最後はマギーに左翼席へトドメの3ランを浴びた。

「悪い流れを止めることができずに、高くなってしまったボールを打たれてしまいました。序盤で大きくリードを許してしまい、ゲームを作ることができませんでした」と話した。

http://www.sanspo.com/baseball/news/20170914/tig17091404010006-n1.html