阪神・藤浪「前回の抹消とは全然次元が違う。死球の後に打たれたのでそう思われるかもしれませんが、自分の中では感じが違います」

阪神・藤浪晋太郎投手(23)は13日、今季4度目の出場選手登録抹消となった。前日12日の巨人戦(甲子園)に先発し、3回1/3を4安打4失点。序盤は好投を見せていたが、四回に先頭の坂本勇に死球を与えてから崩れた。

この日は鳴尾浜での残留練習に合流し、キャッチボールや投内連係に汗を流した。「前回の抹消とは全然次元が違う。死球の後に打たれたのでそう思われるかもしれませんが、自分の中では感じが違います」と強調した。金本監督は甲子園球場で「僕はCSの戦力だと思っています。そのための再調整」と説明。香田投手コーチも「ボール自体は悪くないので次のチャンスでしっかり投げられるようにしてほしい」と話した。

http://www.sanspo.com/baseball/news/20170914/tig17091404020008-n1.html