阪神、西岡と藤浪が出場選手登録を抹消 岡崎と江越が一軍昇格

阪神・藤浪晋太郎投手(23)が13日、2軍落ちし、鳴尾浜の残留練習に合流した。前日12日の巨人戦(甲子園)に先発し、3回1/3を投げて4安打4失点。序盤は好投を見せていたが、四回に先頭の坂本勇に死球を与えてから崩れた。

鳴尾浜ではキャッチボールや投内連係に汗を流し「やることをしっかりやるだけです。ファームで、与えられた機会で一生懸命投げるしかない」と前を向いた。

午後3時に発表された公示で前日背中の張りを訴えて、ベンチ入りしなかった西岡剛内野手(33)出場選手登録を抹消された。代わって、岡崎太一捕手(34)と江越大賀外野手(24)が昇格した。