交代望んだのは金本監督 阪神・掛布二軍監督退任のウラ側 日刊ゲンダイDIGITAL

「球界では、早い段階で辞めることになると噂されていました」

放送関係者がこう言った。10日、阪神の掛布雅之二軍監督(62)が、今季限りで退任すると発表されたことに関してだ。

「金本監督の方針と相いれない部分があったそうです」と前出の関係者が続ける。

「金本監督は若手をいわば『子供扱い』する。一人前にするには明確な育成プランを掲げて、強制的にやらせるものはやらせる。キャンプメニューしかり、シーズン中の若手のウエートトレしかりです。一方、掛布二軍監督は若手でも『大人扱い』する。指示待ち人間になるのではなく、自分自身が考えて課題を見つけて取り組み、成長してほしい、その手助けをしますよというスタンス。試合後も日が落ちるまで打撃指導するなど熱心なのですが、だからといって二軍では一日のメニューをビッシリ決めてやらせることはしなかった。要は手法が違う。結果的に、金本監督が交代を望んだといわれています」

この日、二軍本拠地の鳴尾浜には朝から大勢のファンが殺到。試合開始は昼の12時半だったが、午前10時すぎに入場規制がかけられる異常事態になった。球団はアドバイザー的な役職を用意しているが、今季限りで伊東勤監督(55)が退任するロッテが来季監督候補に挙げている。ミスタータイガースのタテジマのユニホーム姿は、間もなく見納めになる。