阪神・大山、2安打3打点!「自分のできることをやることに必死。それができてよかった」金本監督「ルーキーとは思えない対応力とスイングの速さ。大したもの」

(セ・リーグ、阪神4x-3ヤクルト=延長十回、23回戦、阪神16勝7敗、30日、甲子園)計4安打に終わった阪神は、大山が2安打3打点と打線を引っ張った。

一回1死二塁に低めのフォークボールに対応し、三遊間を破る先制の左前適時打を放った。三回は2死二塁で詰まりながら速球を中前に運ぶ適時打。2-3の八回には同点の中犠飛を打ち「自分のできることをやることに必死。それができてよかった」とうなずいた。

チームの少ない好機を生かしたドラフト1位新人に、金本監督は「ルーキーとは思えない対応力とスイングの速さ。大したもの」と賛辞を贈った。

金本監督(サヨナラ勝ちを呼び込んだ救援陣に)「山田の本塁打以外はよくしのいで、頑張ってくれた」

http://www.sanspo.com/baseball/news/20170830/tig17083023100025-n1.html