阪神・高山、2軍戦4試合で16打数8安打2本塁打 掛布2軍監督「まだ最高ではないが、いい状態で来ていると思う」「ヒットの数を増やすように意識させている。この6戦で10本くらい」

(ウエスタンリーグ、阪神5-2ソフトバンク、23日、鳴尾浜)不振で2軍調整中の阪神・高山俊外野手(24)が23日、ウエスタン・ソフトバンク戦(鳴尾浜)に「2番・右翼」で出場。2-1の四回二死二塁で、左腕の伊藤祐から右翼へ豪快な2ランを放った。

「頑張ります」

これで2軍戦は4試合で16打数8安打、2本塁打。掛布2軍監督も「まだ最高ではないが、いい状態で来ていると思う」と目を細めた。前日には「ヒットの数を増やすように意識させている。この6戦で10本くらい」と今週6試合での“ノルマ”を課したが、2試合ではや3本。「10本打つんじゃない!?」とうなずいた。「この6試合で、どんな数字を残せるか。高山自身も、期待している部分はあるんじゃないかな」。24日からの4試合も安打を量産し、最短29日のヤクルト戦(甲子園)での1軍復帰を目指す。 (箭内桃子)

http://www.sanspo.com/baseball/news/20170824/tig17082405020015-n1.html