阪神・岩田「先発の仕事を果たせず、チームに迷惑をかけてしまい、申し訳ないです」

<ヤクルト4-7阪神>◇23日◇神宮

阪神先発の岩田稔投手(33)が勝利投手の権利まであと1死で無念の降板だ。

3点リードの5回無死一塁でバレンティンに左中間へ2ランを被弾して1点差に迫られると雲行きが怪しくなった。山田に四球を与えた後、2死までこぎつけたが、連打で満塁のピンチを背負ったところで金本監督も継投を決断。2番手の藤川が代打中村を遊飛に抑え、危機を脱したが、岩田は5点の援護に恵まれながら、5回途中4失点で白星には届かなかった。「先発の仕事を果たせず、チームに迷惑をかけてしまい、申し訳ないです」と振り返った。