阪神・高山、2軍戦で一発を含む3安打 デイリースポーツ

「2軍交流戦、阪神1-2日本ハム」(20日、三条パール金属スタジアム)

不振で18日から2軍調整中阪神・高山が「2番・中堅」で先発出場。八回にソロを放つなど、3安打1打点と大暴れした。

初回の第1打席、1死走者なしの場面。追い込まれた状況から、外角の球を中前へ痛烈にはじき返した。六回の第3打席でも二遊間を鋭いゴロで中前打で出塁。この時点で2試合連続のマルチ安打を確定させた。

圧巻の打撃は八回の第4打席だ。2死走者なしから外角高めの球を芯で捉えた。泳がされたような形に見えたが、打球は伸びていき、左翼ポール際へ飛び込んだ。公式戦での本塁打は6月1日のロッテ戦(ZOZOマリン)以来。復調の気配を見せる昨季の背番号9が、1軍復帰へ結果を残し続ける。