阪神・能見「ずっと勝てていないから苦しいと思いながら投げている。試行錯誤ばっかしている」

(セ・リーグ、阪神6-5ヤクルト、18回戦、阪神12勝6敗、6日、京セラ)先発した能見は5回を5安打4失点(自責3)。四回にバレンティンにソロ、リベロには2ランを浴びた。自身2試合連続となる2被弾。二回に福留、大山の失策により1失点したが「関係ない」とかばい、「ずっと勝てていないから苦しいと思いながら投げている。試行錯誤ばっかしている」と自らを責めた。7月1日のヤクルト戦(甲子園)を最後に4試合白星なし。金本監督は「リフレッシュも考えています」と、ローテの状況次第で登録抹消する可能性を示唆した。

http://www.sanspo.com/baseball/news/20170807/tig17080705000003-n1.html