阪神・金本監督、伊藤隼の3ランについて「何とかヒットを打ってくれないかな、と思って見ていましたけど、まさかホームランとはね。しびれましたね」

(セ・リーグ、阪神6-5ヤクルト、18回戦、阪神12勝6敗、6日、京セラ)阪神は、七回に代打・伊藤隼の逆転3ランでシーソーゲームを制し、4連勝(1分け挟む)を飾った。1番で起用された俊介も4打数4安打2得点1打点と活躍。金本監督は

--今日はどんな勝利になったか

「初戦、2戦目と勝てて、3戦目にいけそうな感じで落とすというパターンが今年多かったんですけど、そのパターンを消して3連勝したかったんで良かったです」

--伊藤隼の3ランについて

「何とかヒットを打ってくれないかな、と思って見ていましたけど、まさかホームランとはね。しびれましたね」

--今季、伊藤隼は代打での起用が多い。どう見ているか

「いいところでしぶとく一、二塁間を抜いてくれたり、ホームランも打っていますしね。いいところでいい結果を出してくれているので、今年は頼りになっています」

--俊介は1番で起用すると活躍する

「そうですね。何かあったんですかね(笑)。わかりませんけれど」

--俊介の4安打はプロ入り初

「それはどうも。これで終わらないでほしいですね」

--上本、鳥谷が先発から外れた

「積極的な休養でね、前向きな休養といいますか。上本もヘロヘロだったんで、2連休をあげて、来週の試合、火曜日に挑もうかという、万全で挑んでほしいというところで、今日は休ませました」

--中継ぎが頑張った

「最後、ドリスがヒヤヒヤさせてくれましたけれども、(藤川)球児も岩崎も投げてくれて頼もしい限りです」

--来週からは関西を離れ、追い上げる巨人、DeNAと6連戦

「今、いい勝ちパターンができていますし、打線もまずまず活発になってくれているので、この調子を維持して頑張っていきます」

http://www.sanspo.com/baseball/news/20170806/tig17080618080024-n1.html