阪神・福留 ホームランを打った試合は全勝!「いいことです」不敗神話と呼んで良いですか?「駄目です」

(セ・リーグ、阪神4-0ヤクルト、17回戦、阪神11勝6敗、5日、京セラ)阪神は先発・秋山拓巳投手(26)が三回途中に緊急降板というアクシデントに見舞われたが、救援陣が無失点リレーで快勝した。2番手・松田が2回1/3を無失点で切り抜けて初勝利(1敗)。チームは3連勝(1分け挟む)となり、お立ち台には先制弾を放った福留、五回に2点二塁打を放ったロジャース、松田の3人が上がった。

――先制の本塁打の福留選手。完璧な当たりでした

「まあ、そうですね」

――感触は

「ちょっと不安だったんで、一生懸命走ってました」

――今シーズン11号。福留さんがホームランを打った試合はすべて勝っている

「いいことです」

――不敗神話と呼んで良いですか

「駄目です」

――あす以降も期待している

「頑張ります」

――日に日にファンの期待感が高まっているロジャース選手です

「とにかく全力尽くして、チームの勝利に貢献したい。それだけです」

――愛称である“パンダ”を持って応援するファンがたくさんいる

「最高ですね。この前ファンの方にパンダのキーホルダーをもらったりしてるんで。みなさん、パンダのグッズを持って応援してくださって。最高です」

――緊急登板で今季初勝利の松田。マウンドへ向かう時の気持ちは

「自分のできることを、しっかりやろうと思ってマウンドに上がりました」

――その結果が今シーズン初勝利。どんな気持ちですか

「うれしいです」

――その後、リリーフ陣が0点で繋いだ。盤石なリリーフ陣、光ってますね

「はい」

――やはり、リリーフ陣全員で勝ちにいくという気持ちがあるのでは

「その中に僕も加われるように、明日からも抑えられるように頑張ります」

http://www.sanspo.com/baseball/news/20170805/tig17080518140020-n1.html