阪神・金本監督の試合後の一問一答 メッセンジャーについて「広島戦でリリーフがフル回転でしたので、できれば完投して欲しいと言っていたら、本当に完投してくれた」

(セ・リーグ、阪神3-0ヤクルト、16回戦、阪神10勝6敗、4日、京セラ)阪神は先発したメッセンジャーが被安打4、2四死球、9奪三振で今季初完封。リーグトップタイの11勝目(5敗)を挙げた。打線は五回に相手のミスなどで先制。七回には中谷が2ランを放ち、わずか3安打で3点を挙げ逃げ切った。以下は金本監督の一問一答。

--先発のメッセンジャーについて

「広島戦でリリーフがフル回転でしたので、できれば完投して欲しいと言っていたら、本当に完投してくれた」

--九回も任せた

「完封がかかってるし、ドリスも昨日、30球近く投げていたし、1人でいってというところ」

--投球に内容について

「全て良かったんじゃないですか。梅名が内外角、緩急をいろいろ使ってうまくリードしてくれた」

--2ランの中谷について

「優しく指導してますよ。1点勝っていましたし、バント、エンドランもあるかなと思ったが、思い切っていかそうと。腕をうまくたたんでレフトに持っていってくれた。よく打ってくれた」

--昨日の引き分けがつながっている

「昨日も勝てるに越したことなかったですけどね。なんとか負けなかったというか、気持ちを切らさずやってくれた」

--あしたの先発は秋山

「秋山にはあしたも完投して欲しいところですね」

http://www.sanspo.com/baseball/news/20170804/tig17080421090018-n1.html