阪神・岩崎、1イニング3人でピシャリ「自分の球を信じて、自分を信じて腕を振ることだけ考えていきました」

(セ・リーグ、中日0-5阪神、15回戦、阪神8勝7敗、28日、ナゴヤD)八回から2番手登板した岩崎は代打・谷、1番・京田を連続空振り三振。荒木も三ゴロに打ち取り、3人でピシャリ。

「自分の球を信じて、自分を信じて腕を振ることだけ考えていきました」。貴重な中継ぎ左腕は、対中日は今季6試合目で依然無失点。安定した救援陣の一角を支えている。

http://www.sanspo.com/baseball/news/20170729/tig17072905010005-n1.html