阪神タイガース・藤浪、危険球退場「メンタルどうこうより、フォーム的におかしくなったところを自分で直せないことが第一。フォームを見失ってバランスが取れず当ててしまいました」

不調で2軍調整中の阪神藤浪晋太郎投手(23)は2日、ウエスタン・リーグ中日戦(ナゴヤ)に先発し、4回0/3を7失点で危険球退場となった。

1回は四球から2死二塁とされ、4番野本に二塁強襲の先制打を浴びる。2回は不運な当たりの内野安打2本に自身の犠打悪送球が絡んで2死満塁のピンチを招き、3番遠藤に押し出し四球、4番野本に押し出し死球、5番井領には押し出し四球で3失点。5回は無死二塁から適時打を浴び、なおも無死一塁で9番石垣への144キロ直球がすっぽ抜けて頭部死球に。これが危険球となり、マウンドを下りた。

試合後は「自分の中で丁寧に行きすぎて、思い切ったフォーム、自分のフォームで投げられていない」と神妙な表情。5回途中で109球を要し、被安打7で7四死球と大荒れとなった。


「ウエスタン、中日7-4阪神」(2日、ナゴヤ球場)

2軍調整中の藤浪が先発し、五回に危険球で退場した。

先頭の7番・石岡に遊撃への内野安打を許し、8番・杉山へ投じた2球目が頭上付近をかすめる暴投となった。無死二塁となったところで杉山へ中前適時打をくらい、なおも無死一塁。ここで9番・石垣に投じた5球目144キロの直球が頭部を直撃した。

石垣は片膝をついてその場にうずくまり、藤浪は帽子を取ってマウンドでぼうぜんと立ち尽くすしかなかった。石垣はそのまま代走を送られ交代。藤浪もベンチへ退いた。

 「メンタルどうこうより、フォーム的におかしくなったところを自分で直せないことが第一。フォームを見失ってバランスが取れず当ててしまいました」と藤浪。最終的には5回7安打5失点(自責7)、7四死球で悔しい途中降板となった。