阪神タイガース・金本監督、4番に原口は「(相手の)右左もあるし。ちょっと(福留)孝介を楽にさせてやろうかなという(こと)」

(セ・リーグ、中日1-0阪神、11回戦、中日6勝5敗、28日、ナゴヤD)

--小野は

金本監督 「前回同様、1失点か。ま、四球が失点につながってしまったけど」

--二回の攻撃は

「う~ん…。ま、細かいことはいえないけど、ストライクはね、当てないと、梅野が。それだけですわ」

--福留が打席の中で工夫していた

「選手は何とかしようとか、そういう気はもってくれているから」

--梅野の悪送球は上本が捕ってほしいところ

「まぁねぇ。う~ん…。タイミングがタイミングだけに、今年の梅野の阻止率とかスローイングをみていると、やっぱり、いい球を普通にまず最初に第一にね、あそこでいい球を放ってほしかったのかなというのはあるよね。昨年の梅野ならそこまで要求しないかもしれない。けど、今年、あれだけ刺してくれて、今年の梅野からすると、あのタイミングだったら普通に投げておけばアウトなんだから」

--4番に原口。相性もあってのことか

「(相手の)右左もあるし。ちょっと(福留)孝介を楽にさせてやろうかなという(こと)」

http://www.sanspo.com/baseball/news/20170629/tig17062905000005-n1.html