阪神タイガース・四藤球団社長、ジェイソン・ロジャース内野手との交渉は「まだ担当者から(交渉が)まとまったという連絡はないが、最終段階。近々には(発表できる)」

阪神・四藤慶一郎球団社長(56)は28日、ナゴヤドームで取材に応じ、新外国人として大筋合意に達しているジェイソン・ロジャース内野手(29)について「まだ担当者から(交渉が)まとまったという連絡はないが、最終段階。近々には(発表できる)」と話した。

マイナー通算83発は現在も3Aでプレー中。実戦デビューも「そういう意味では早い」とすぐに対応できることを強調した。

http://www.sanspo.com/baseball/news/20170629/tig17062903240006-n1.html