阪神タイガース・秋山「立ち上がりに京田への塁の出し方がいけなかった。ゲレーロは勝負しにいった結果だったので」

<中日3-1阪神>◇27日◇浜松

阪神秋山拓巳投手(26)が6回2失点で4敗目を喫し、中日京田の入りを反省した。

初回に中日京田と荒木に連打を浴びるなど1死二、三塁。ここでリーグ本塁打トップを走るゲレーロを迎えた。高めに投じた初球を押し返され、左犠飛でいきなり先制点を許した。

「立ち上がりに京田への塁の出し方がいけなかった。ゲレーロは勝負しにいった結果だったので」。京田に安打を許したカウントは0ボール2ストライク。有利なカウントが一転、いきなり走者を背負っての投球を反省した。