阪神タイガース・岩貞「立ち上がりから球は走っていました」「『下位をしっかり』といわれていたのに、できなかった」

(セ・リーグ、広島5-0阪神、11回戦、阪神6勝5敗、25日、マツダ)まさかの相手にやられた。いまだ勝利のない、鬼門マツダスタジアムで岩貞が4回5安打4失点。大瀬良に浴びた痛恨の一打を悔やんだ。

「抑えていかないといけないところだった。見逃してくれなかった」

0-1の四回、簡単に二死をとった直後だった。カウント1-2と追い込んでからの4球目、変化球を大瀬良に痛打された。打球は前進守備の左翼・福留の頭上を越え、ワンバウンドでフェンスを越えた(記録は二塁打)。これが鯉打線を勢いづけた。田中にもレフトに運ばれ、追加点を献上。続く菊池には左翼席に突き刺さる5号2ランを浴びた。

左腕は「立ち上がりから球は走っていました」と調子が良かっただけにもったいない結果。金本監督も「まぁ…経験というか、そういうことじゃないかな」と肩を落とした。

香田投手コーチも「一瞬の隙だったと思うが、それをつかれた」と表情は厳しい。「『下位をしっかり』といわれていたのに、できなかった」とまさかの相手にやられ、後悔はつきなかった。 (原田遼太郎)

阪神・岩貞、大瀬良二塁打から3失点「見逃してくれなかった」