阪神・岩貞「チームを勝たせる投球をしたい。打線のつながりが一番怖い。切り替えを大切にしたい」

阪神・岩貞は24日、キャッチボールなどで汗を流し、「チームを勝たせる投球をしたい。打線のつながりが一番怖い。切り替えを大切にしたい」と腕をぶした。

前回対戦の4月1日(マツダ)は勝ち負けこそつかなかったが、5回5安打5失点と打ち込まれた。昨季も6試合で0勝4敗、防御率4・59。強力カープ打線を封じて、4勝目を挙げたいところだ。

阪神・岩貞、広島打線封じ4勝目へ「切り替え大切に」