阪神・糸原「後ろにつなぐ意識でしっかりスイングすることができました。先取点をとることができましたが、次のイニングに追いつかれてしまったので、ここから勝ち越すことができるように頑張ります」

<広島-阪神>◇24日◇マツダスタジアム

阪神糸原健斗内野手(24)が先制打を放った。

2回2死一塁で打席に入ると、広島先発薮田の5球目を右中間へ。1塁走者の鳥谷が生還し、先制点をたたき出した。

「打ったのはカットボール。後ろにつなぐ意識でしっかりスイングすることができました。先取点をとることができましたが、次のイニングに追いつかれてしまったので、ここから勝ち越すことができるように頑張ります」。ドラフト5位ルーキーは勝利しか見ていない。

阪神新人糸原が先制打「しっかりスイングできた」(日刊スポーツ) – Yahoo!ニュース