阪神・中谷「しっかりと守備位置をみて打てました。ショート、セカンドが下がっていたので前に飛ばそうと思っていました。内野ゴロでもいいと思って」

(セ・パ交流戦、阪神2-8楽天、2回戦、1勝1敗、17日、甲子園)今のこの男なら何かやってくれる。虎党の期待に応えた。中谷が反撃ののろしをあげた。

「しっかりと守備位置をみて打てました。ショート、セカンドが下がっていたので前に飛ばそうと思っていました。内野ゴロでもいいと思って」

二回に中前打を放って迎えた0-2の四回一死二、三塁。カウント2-2から美馬の低めのスライダーをコンパクトなスイングでとらえた。二遊間を抜ける中前適時打でチームの1点目をたたき出した。相手の守備陣形を頭に入れた軽打が流れを呼んで、原口の同点タイムリーにまでつながった。

冷静な判断と、最善を尽くす準備。大敗のなか成長を証明した。5月24日の巨人戦(甲子園)では0-0の五回無死三塁、転がせば1点が入る場面で浅い右飛に倒れ、その後の拙攻も重なり金本監督はベンチでローキック! 「あれだけ言ってもできない。僕らの指導力不足でしょう」と苦言を呈されていた。

守備でもチームを助けた。六回二死一、二塁のピンチに藤田の右翼への飛球を背走しながら長い手を目いっぱい伸ばしてキャッチ。スタンドからは大きな拍手がわき起こった。

15日の西武戦(甲子園)では自身プロ初の1試合5安打の離れ業をやってのけた。この日も2安打1打点で今季9度目のマルチを記録した。打って守ってどんどんアピールしていく。

阪神・中谷、スーパーキャッチ&技あり反撃打!冷静な判断で成長証明

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)