阪神・原口「(二、三塁の)チャンスでまわってきたので、なんとかしないと。(ファウルで粘り)我慢比べになったんですけど、当てなければならなかった」

<日本生命セ・パ交流戦:阪神2-8楽天>◇17日◇甲子園

阪神原口文仁捕手(25)が4回、一時は同点となる適時二塁打を放った。

原口は「甘いボールをしっかりとらえられた」と、二死一、三塁の好機で左翼フェンス直撃の二塁打を放ったことについて振り返った。

しかし、チームは敗戦。自身も6回の好機では空振り三振に倒れていた。「(二、三塁の)チャンスでまわってきたので、なんとかしないと。(ファウルで粘り)我慢比べになったんですけど、当てなければならなかった」と反省を口にしていた。

阪神原口「当てなければ」二、三塁の好機三振に猛省(日刊スポーツ) – Yahoo!ニュース

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)