【阪神】岩貞&原口の活躍で交流戦勝ち越し、金本監督「ほっとしています」(スポーツ報知) – Yahoo!ニュース

◆阪神4―2楽天(16日・甲子園)

阪神がパ・リーグ首位の楽天に競り勝ち、交流戦の勝ち越しを決めた。2回に原口が先制の5号2ランを放つと、先発・岩貞が7回を1失点で3勝目を挙げた。金本監督は投打のヒーローの活躍に目を細めた。(以下は一問一答)。

―主導権を握ったゲームでした。

「原口の2ランで先制して、岩貞がきっちりソロホームラン1本に抑えてくれていた。ずっと優位には運べていたのかなと思います」

―原口が連日の活躍。

「そうですね。日本ハム戦の岡崎太一を思い出すような2試合連続のいい活躍でした」

―先発・岩貞が福留の好守備で乗ってきた。

「孝介がああいうプレーすると、チーム全体が締まる。自分たちもしっかり守らないといけないという雰囲気になる。ピッチャーもさらに気合いが入ると思う。ビッグプレーでしたね」

―岩貞の投球は。

「いい時と比べると、まだまだかなと思うんですけど、万全、絶好調とは言えないですけど。それでも7回1点に抑えてくれてナイスピッチングです」

―鳥谷の適時打。

「あれでほぼ勝利は確信できたかなと思います。中谷が三振して、ちゃんとフォローというか、あときっちりベテランが2点取ってくれていい働きでした」

―糸井、上本がスタメンを外れる中で一丸の勝利。

「ベストオーダーではないんですけど、みんながカバーし合ってやっていくしかないんで」

―交流戦勝ち越し。

「ほっとしています」

【阪神】岩貞&原口の活躍で交流戦勝ち越し、金本監督「ほっとしています」(スポーツ報知) – Yahoo!ニュース

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)