阪神・青柳「立ち上がりから四球を出してしまい、いいリズムを作れない中で、野手の方の好守に何度も助けてもらいました。5回までしか投げることができず、先発としての仕事ができませんでした」

<日本生命セ・パ交流戦:阪神-楽天>◇17日◇甲子園

阪神先発の青柳晃洋投手(23)が5回2失点で降板した。80球を投げて被安打4、四死球も4と、なかなかリズムに乗れない投球だった。

登板後は「立ち上がりから四球を出してしまい、いいリズムを作れない中で、野手の方の好守に何度も助けてもらいました。ストライクとボールがはっきりしてしまい球数が多くなり、5回までしか投げることができず、先発としての仕事ができませんでした」と反省を口にした。

2番手には左腕の岩崎がマウンドに上がった。

阪神青柳5回2失点で降板「好守に何度も助けて…」(日刊スポーツ) – Yahoo!ニュース

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)