さすがセNo.1強肩や!阪神・梅ちゃん、バズーカ2発で金子侑&外崎の盗塁阻止(サンケイスポーツ) – Yahoo!ニュース

(セ・パ交流戦、阪神2-4西武、2回戦、1勝1敗、14日、甲子園)体を起こして、半身の構えからぐぐっと右腕をしならせてドッカーン!! 梅ちゃんバズーカが火を噴いた。昨季パ・リーグ盗塁王(53盗塁)の金子侑に仕事をさせなかった。悔しがる韋駄天と当然、といわんばかりの表情を浮かべる背番号44。自慢の強肩で刹那の勝負を制した。

「(準備は)もちろんです」

守備から反撃ムードを高めた。0-4の五回。先頭の金子侑を四球で歩かせ、続く源田を2ストライクと追い込んでから、外よりの変化球を素早く捕球して二塁ベースに入った糸原のグラブにストライク送球。源田も見逃し三振でゲッツーに仕留めた。さらに、九回には外崎の二盗を阻止し、盗塁阻止率・371は同・405(37企画15刺殺)まで上昇し、リーグ1位をキープした。

昨季は原口や坂本の台頭でプロ入り最少の37試合出場に終わった。ファームはほとんどがデーゲーム。かんかん照りの下で山田2軍バッテリーコーチのワンバウンドの送球を何度も体で受け止め、二人三脚で汗をかいてきた。2軍で力をつけた梅野のプレーに矢野作戦兼バッテリーコーチは「完璧な送球でした。(金子侑は)昨年盗塁王をとった選手だったしね。すばらしかったね」とたたえた。腐ることなく、上を目指し続けてきたからこそ欠かすことのできない“ピース”になっている。

1点を返した直後の五回には一死三塁で中犠飛を放ち、チームに2点目をもたらした。安打はなかったが、バットでも存在感を発揮。それでも中村に3ランを浴びたリード面を反省。

「一発が出てはいけないところで出てしまった。反省です。原点(アウトロー)中心の配球になってしまった」と反省も忘れなかった。パ・リーグトップのチーム盗塁数50を誇る走り屋集団を足止めさせても納得しない。投手のベストピッチを引き出すことしか頭になかった。

さすがセNo.1強肩や!阪神・梅ちゃん、バズーカ2発で金子侑&外崎の盗塁阻止(サンケイスポーツ) – Yahoo!ニュース

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)