阪神株主「フロント大改革」要求に野﨑元球団社長が提言(日刊ゲンダイDIGITAL) – Yahoo!ニュース

「今年優勝できなければ、フロントの大改革をお願いします」

13日に行われた阪急阪神ホールディングスの株主総会。傘下の阪神は13日現在、貯金11の2位につけているが、株主からはフロントに対して厳しい注文がついた。

「阪神(のフロント)は従来のメンバーでおおむね構成されている。阪急さんがあまり意見を言われていないのかなと。もっと人材を取り入れて、強いタイガースをおつくりいただければ」

これに回答したのは角会長兼CEO。

「たとえば鉄道の課長がタイガースに行ってマネジメントができるかというと厳しいものがある。現場が混乱したり、みなさんが戸惑う。オーナーがおられて私が中途半端な知識でモノを言うべきではない。私もタイガースのことを勉強しないといけないかなと思うが、知識不足だと思います」

経営トップの発言は現時点では阪神球団に介入しないとの意思表示と受け取れる。ただ一方で、06年の阪急、阪神の経営統合後、阪急は阪神のホテル、百貨店事業など多くの経営権を手中に収めてきた経緯がある。阪神球団に関しては経営統合時に「向こう10年間は阪神タイガース」との覚書を取り交わしたが、「10年間」は昨年10月で終了。関西には近い将来の「阪急タイガース」誕生を予測する声もある。とくにフロントは長年にわたって編成、育成面でファンやマスコミから厳しい批判を浴びてきただけになおさらだ。

「阪神はあくまで阪神タイガースで継続してほしいと考えていますが、今は『超変革』のチームスローガンを掲げた金本監督がひとりで現場の改革をやっている印象を受ける。フロントはメリハリのある経営をしていかないと、ファンからも見放される恐れがある」

とは、リーグ優勝を果たした03年時の球団社長・野﨑勝義氏だ。

「阪神という会社は良くいえば温情があるのですが、組織内の競争力に乏しい傾向がある。『純血主義』で外部の人間も少ない。外部から優秀な人材を入れ、なおかつ経営をスリム化できると思う。たとえばスカウトです。私は社長時代10人以上いたのを4人に減らし、外部から人材を引き入れた。しかし今年は10人と再び増加している。人数が多いと責任の所在が曖昧になり、失敗しないことに重点を置きがちになる。年功序列で出世できる組織では停滞します。最近は前進していると感じる部分はありますが、まだ甘いと言わざるを得ません。社内での競争力を向上させ、個々の成果についてはきちんと評価をする。サボっていたらペナルティーを与える必要がある。組織を活性化させ、個々のモチベーションを高めることで、フロントはより強固になるはずです」

この日のスポーツ紙では、助っ人獲得やドラフトなど、フロントの動きが派手に紙面を飾った。彼らのアピールにも見えるが、阪急や株主から“ツッコミ”を入れられないような体制づくりが先決であり急務である。

阪神株主「フロント大改革」要求に野﨑元球団社長が提言(日刊ゲンダイDIGITAL) – Yahoo!ニュース

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)