阪神・桑原、1球で火消し! 自己最多30試合登板まであと「1」

(セ・パ交流戦、阪神7-2西武、1回戦、阪神1勝、13日、甲子園)桑原が1球でピンチを救った。3-2の七回二死満塁から3番手で登板。4番・浅村に初球、134キロのスライダーを投げ込むと、上本の背走しての好捕もあり、二飛に打ち取った。「初球を変化球でいって、その結果、フライになってよかった」。今季14ホールド目で、2008年のプロ1年目、横浜時代に記録した自己最多の30試合登板まであと「1」。虎移籍3年目で、フル回転している。

阪神・桑原、1球で火消し! 自己最多30試合登板まであと「1」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)