甲子園の内野が“リニューアル” 土部分を2メートル拡張(スポニチアネックス) – Yahoo!ニュース

◇交流 阪神―西武(2017年6月11日 甲子園)

甲子園球場の内野の土部分が2メートル拡張された。阪神は12日に同球場で調整した先発投手陣が、芝を刈り取り、新しく濃い色の土が入れられた内野でバント練習を行った。これまでの土と芝の境界部分に、特に二塁手の守備の際にゴロや足が“かかる”ことがあり、現場からの要望で取られた措置となった。

久慈内野守備走塁コーチは「今までより後ろに守れる人は守るだろうし、ケガ防止にもなる。上本の捻挫(5月5日・広島戦で右足首)もあったからね」と説明。13日の西武戦から、リニューアルされたグラウンドで戦う。

甲子園の内野が“リニューアル” 土部分を2メートル拡張(スポニチアネックス) – Yahoo!ニュース

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)