阪神・原口、今季初の犠打「1点欲しい場面で、想定して打席に」

(セ・パ交流戦、オリックス2-3阪神、3回戦、阪神2勝1敗、8日、京セラ)原口が今季初めて犠打を成功させた。1点リードの九回無死一塁。1球はファウル、1球は見逃して2ストライクとなったが、スリーバントを捕前にきっちりと決め、金本監督の執念に応えた。「大事な1点欲しい場面で、想定して打席に立ちました」。1点を追う二回には無死一塁から右前打を放って1-1の同点につなげ、6試合連続安打をマーク。着実に状態を上げている。

阪神・原口、今季初の犠打「1点欲しい場面で、想定して打席に」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)