阪神・矢野コーチ、昨年の就任から岡崎に「今からでもレギュラーを取れば、40歳までプレーしたとして、7年もやれるじゃないか」とハッパをかける

<ニッカンスポーツ・コム/プロ野球番記者コラム>

甲子園駅に着くと、とある男性が腰を落とし、弊紙の1面を読みふけっていた。岡崎太一捕手(33)の大見出し。プロ13年目の初アーチだ。苦労人が報われる姿は、誰の心にもよく響く。歯を食いしばって家族のために働くサラリーマン。いつかこんな日が来るんだな、と自らの身に置き換えたくなる。

野球に限らず、スポーツの世界では、常人がとてもできないようなことを成し遂げ、夢を与える存在がいる。その一方で、岡崎のように、地味ながらも努力を重ね、いつか花開く存在もある。矢野作戦兼バッテリーコーチは、昨年の就任から、こんな言葉でハッパをかけていたという。「今からでもレギュラーを取れば、40歳までプレーしたとして、7年もやれるじゃないか」。打力に乏しいが、守備力や投手に与える安心感はチームでも一番だ。きっかけさえ、つかめば、正捕手のチャンスはある。

最後まであきらめずに続ければ、何かが起きる。何事もやるのに遅いことはない。そんな2つの希望を、岡崎のプロ1号に見た。【阪神担当 田口真一郎】

阪神岡崎の13年目初弾にあきらめない大事さを学ぶ(日刊スポーツ) – Yahoo!ニュース

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)