阪神・チーム関係者 岡崎について「シーズン中のある日、いきなり丸刈りにしてきたんですよ。それから先輩たちに髪のことをイジられるようになって、仲間としての距離がグッと縮まった」

セ・リーグ2位の阪神は4日の日本ハム戦(甲子園)に延長11回、4―3でサヨナラ勝ちし、貯金を再び10とした。殊勲は前日3日の試合でプロ初アーチが逆転本塁打となるなど3安打2打点の活躍を見せたばかりのプロ13年目の苦労人・岡崎太一捕手(33)だ。

同点で迎えた11回裏一死満塁の場面で、しぶとく粘って13球目を左翼線へ。「最初はスクイズかなと思っていましたが、(打てのサインで)いくしかないなと。監督、コーチ、お客さん、誰も期待してなかったと思うんですけど、やりました!」

2日連続のお立ち台で大興奮の岡崎だったが、これまで鳴かず飛ばずの野球人生だった。2004年のドラフト会議自由獲得枠で松下電器から阪神入り。即戦力捕手として期待されながら大半が二軍暮らし。その間、球団は正捕手候補にメジャーから城島、FAで藤井、日高、鶴岡と外部補強を繰り返し、岡崎は「阪神は生え抜きの捕手が出てこない」とやゆされる象徴的存在だった。

そんな岡崎を変えたのが“丸刈り事件”だった。社会人からの自由枠入団で当初は“エリート臭”を漂わせ、同僚が近寄りがたいオーラを発していたそうだが「今から4年前ですかね、シーズン中のある日、いきなりそれまで長かった髪を丸刈りにしてきたんですよ。それから先輩たちに髪のことをイジられるようになって、仲間としての距離がグッと縮まった。それまでは投手とのコミュニケーションもあまり取るタイプではなかったのに、その髪形にして以来、密になって信頼を勝ち取っていった。本人も一念発起でやったことだと思う」(チーム関係者)

自らの“髪ネタ”でプライドをかなぐり捨てただけではない。ここ近年は「クビ覚悟でやっています」を連呼し、危機感を募らせてきた。そんな岡崎を野球の神様は見捨てなかったのだろう。金本監督も「人生が変わってきたな。こんなに続けて太一が決めるとは…」と最敬礼する。V奪回を果たすにはこんな泥くさい男が必要だ。

プロ13年目の苦労人 阪神・岡崎を変えた「丸刈り事件」(東スポWeb) – Yahoo!ニュース

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)