メンデス、日本でお気に入りのサロンが見つからず自分で髪を編み込み、サイドはバリカンで自分で剃り込んでいる。サマーキャップを導入に「これね、涼しいよ。アジャスターもあって快適だよ」

<ニッカンスポーツ・コム/プロ野球番記者コラム>

いや~暑い暑い。甲子園や鳴尾浜は連日のように25度を超え、記者も半袖で仕事がしたくなるほどだ。阪神は23日から練習限定でサマーキャップを導入した。前面は黒ベースに白でHTの刺しゅうが入っているのは同じだが、残りの面は真っ白。メッシュ素材で涼しそうに見える。「これね、涼しいよ。アジャスターもあって快適だよ」。上機嫌に話すのは、ドレッドヘアーで2軍調整中のメンデス。この時期は頭も熱くなる。お笑い芸人のアンタッチャブル風に言えば、「アジャスターにあざす」だ。

来日して約4カ月が経過。日本でお気に入りのサロンが見つからず、行ったことがない。現在は自分で髪を編み込み、サイドはバリカンで自分で剃り込んでいるだとか。髪のボリュームがどんどん増えている分、アジャスターに助かっているわけだ。去り際に被っていないことを指摘すると「あ、忘れてしまったよ」と爆笑。炎天下の鳴尾浜で、陽気なドミニカンが1軍昇格を目指して奮闘している。【阪神担当=山川智之】

阪神メンデス困った ドレッドお手入れサロンない(日刊スポーツ) – Yahoo!ニュース

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)